より健康に過ごすために仕事・趣味・スポーツ・ボランティア等に生涯現役日々是好日でありたい
by taminamikawa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
「健康心得10ケ条」~日野原重明氏の”平成の養生訓”
今日の
誕生花は ミズヒキソウ、花言葉は“よろこび事”、
誕生石は ブルーサファイア(blue-sapphire)、宝石言葉は“慈愛・誠実”
今日は
中秋の名月・芋名月、10円カレーの日、 藤ノ木古墳記念日、天神縁日
朝晩はだいぶ涼しくなりましたが、日中はまだ暑い日が続いております。熱中症の警戒予報(福岡県)が出ております。日中の外出時は着帽、日傘で出かけましょう。水分補給も忘れずに・・・。

北京オリンピック開催まで、あと317日(2008年/平成20年8月8日開会)

96歳の現在でも、聖路加国際病院理事長として現役の医師として、勤務するかたわら、「新老人の会」、「元気に百歳クラブ」会長として、また全国各地を講演活動で回っておられる日野原重明氏の百歳で現役「健康心得10ケ条」をご紹介します。
先生は10ケ条の生活習慣を提唱し、実践しておられます。これは誰にでも出来るごくシンプルな習慣です。
①小食~腹八分目に医者要らず
②植物油を取る~毎朝、ジュースに植物油を大サジ1杯入れて飲んでいる。ヤシの油以外ならOK
③階段は一段飛びで~エスカレータ等を使わず、極力、階段を利用
④速歩~1日おきに2時間歩いている、それも大股で歩く。
⑤いつも笑顔で
⑥首を回す~体を動かす
⑦息を吐ききる~1分間で15回程、呼吸している
⑧集中~仕事でも趣味でも、メリハリをつけて集中してやる
⑨洋服は自分で購入する~自分のファッションは自分で演出する
⑩体重・体温・血圧等を計る~自分の身体は自分で守る
*目標を立て、時間をうまく使っていくことが出来れば、そこに素晴らしい人生が待っているかと言えば、そう簡単ではない。
心身ともに健康でなければ時間をうまく使うことも、目標を達成する事もできない。と日野原先生は文藝春秋10月号で述べておられます。
健康心得10ケ条をいざ実行しようとしても、2~3日はできても、継続することは至難の業。
自分に出来る事から、ひとつでも実行していきたいもの。



*NHKほっとモーニング
出演:日野原重明さん(医師)、三國連太郎さん(俳優)
毎回すてきなゲストを迎えている「この人にトキメキっ!」。
今回は敬老の日を前にしたスペシャル版として、医師の日野原重明さんと俳優の三國連太郎さんの特別対談をお届けしました。
10月に96歳を迎える日野原重明さんは、現役の医師として医療の最前線で活躍するかたわら、“新しい老人のあり方”や“命とは何か”を伝える活動を続けています。
三國連太郎さんはただいま84歳。映画出演200作を目標に、次々と新作に挑んでいます。
日野原さんの活力の源や、老いや死との向き合い方をぜひ伺いたいという三國さんのラブコールに応えて、今回の対談が実現しました。
共に亥(い)年生まれで、一回り年齢が違うお二人ですが、「年のことは忘れている」と意気投合。
「エスカレーターに乗っている若い人と競争するように階段を駆け上る」(日野原さん)、「1日おきに2時間歩いている」(三國さん)という元気の秘密や、次の世代に戦争の体験を伝えたいという使命感、そして「最後まで学び続ける」という生涯現役の思いなどを、存分に語り合いました。

*新老人の会
会員/入会の条件~
75歳以上で元気な老人
[PR]
by taminamikawa | 2007-09-25 06:57 | 健康 | TOP
<< 調整型の福田康夫総裁、親子初の... 心を健康に保つ10ケ条 >>