より健康に過ごすために仕事・趣味・スポーツ・ボランティア等に生涯現役日々是好日でありたい
by taminamikawa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:黄城会( 42 )
| TOP
愛別苦離~愛するものとも、必ず別れなければならないという友人の葬儀に参列して
今月の
誕生花はチュ-リップ、花言葉は“美しい目”、
誕生石はサンゴ 、宝石言葉は"聡明・長寿・幸福"
今月は弥生
今日の
誕生花は ルピナス(Lupinus)、花言葉は“母性愛”、
誕生石は ラピスラズリ、宝石言葉は“永遠の誓い”
今日は
大安、弟の日スポーツ新聞の日、世界一周記念日、 ジャンヌ・ダルクの日、地久節(皇后の誕生日)、菊池寛忌
花粉飛散の季節です。花粉情報/やや多い~その対策は空気清浄器&外出時のマスク着用。光化学オキシダント注意報/なし。黄砂注意情報/少ない~やや多い。外出時は笠&マスク着用、洗濯物は屋内に干しましょう。
北京オリンピック開催まで、あと155日(2008年/平成20年8月8日開会)

b0085008_6525194.jpg寒の戻りで雪降るなか、友人の葬儀に参列した。
この雪の影響(高速道路の閉鎖や交通渋滞等)で葬儀が
30分遅れて開始された。
友人の遺影を見ながら、「愛別苦離」~愛するものとも、必ず別れなければならないという現実を確認し、見送る儀式が葬儀であると、
改めて実感した。
友人との出会いから、今日までを振り返りながら、最後のお別れをし、合掌した。

謹んで友人のご冥福をお祈りするとともに、
ご遺族の皆様方にお悔やみ申し上げます、合掌。

清めの塩について
[PR]
by taminamikawa | 2008-03-06 06:17 | 黄城会 | TOP
年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず~同級生の訃報に接して
b0085008_22285965.jpg昨夕、くしくも身内や同級生を含めて、3名の訃報に接した。

喪心より、お悔やみ申し上げます、合掌。

先日まで元気だった身内の方や同級生はもはやこの世におられない。


唐代の詩人、劉希夷((りゅうきい)の「白頭を悲しむ翁に代わりて」と題する詩の中の
年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」を思い出す。
寒い冬が終わって春になると、昔年と同じように花は美しく咲くけれど、一緒にこの花を見た人はもはやこの世にはいない。
自然の営みと人の命のはかなさを対峙させ、人生の無常を詠った句。
生ある者は必ず死を迎える。それは人間の定めであり、宿命である。
人間にとって、死別ほどはかなく、悲しいものはない。

ちなみに、
身内の方には遠方なので「弔電」を打ち、
同級生/S氏の明日の葬儀に私が参列し、
同じく同級生/Mさんの今日の葬儀には、N氏が参列する。
また、A氏の情報では、同級生の連れ合いが先日、ご逝去されたとの由。
このように、今年で69歳(数えの古稀)にもなると、
このような悲しい報に接する機会が増えてくる。
正直言って、いつ何が起こり、どうなるか明日のことが分からないのが、
人の世であり、人の常。
やはり、人間の死や、身の処し方について考えておかなければならないと、
しみじみ思った次第である。

「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」の由来
[PR]
by taminamikawa | 2008-03-04 11:29 | 黄城会 | TOP
300年の巨樹/ムクノ木も紅(黄)葉する母校で、 黄城会10回卒/50周年記念大会実行委員会開催
今月の
誕生花はシクラメン、花言葉は“内気、遠慮がち”、
誕生石はトルコ石 、宝石言葉は“成功を保証する”
今日の
誕生花は サンタンカ、花言葉は“私をみつめて”、
誕生石は クリスタル(crystal)、宝石言葉は“純粋”
今日は
先勝、大雪(二十四節気)、空寒く冬となる(七十二候)、クリスマスツリーの日、神戸開港記念日、 国際民間航空デー、ラグビー国際試合記念日
風邪、インフルエンザの季節です。手洗い・うがい、人ごみでのマスクの着用、インフルエンザ予防接種を行いましょう
北京オリンピック開催まで、あと244日(2008年/平成20年8月8日開会)

b0085008_22194876.jpgb0085008_22204843.jpg


本日午前中(AM10:00~12:00)、佐賀県の名木・古木に指定されている巨樹/ムクノ木も紅(黄)葉する母校で、黄城会10回卒/50周年記念大会実行委員会が黄城教育会館で開催された。 
       
b0085008_2231723.jpg午後(PM12:00~16:00)は場所を「一楽」に移し、忘年会(望年会)。
昭和14年~15年生まれで昭和33年卒の我々は来年には数えの古稀を迎える。
高校卒50回記念大会であると同時に古稀を祝う会である。

b0085008_2274625.jpg途中、30分くらいの時間を割き、
当日のイベント(出し物)のリハーサルを「むつごろう一座」メンバーを中心に行なった。
勿論、全員がブルーや黄色の法被姿で黒田節籐の練習に精を出した。
是非、今日のリハーサル成果を当日の本番で披露したい。

議題は
[PR]
by taminamikawa | 2007-12-07 21:22 | 黄城会 | TOP
母校愛と郷土愛で黄城会(同窓会)に参加
今日の
誕生花は ミセバヤ、花言葉は“静寂を愛する”、
誕生石は アメシスト(amethyst)、宝石言葉は“心の平和”
今日は
菊花開く、鉄道記念日、PTA結成の日、世界標準の日、商店街の日
熱中症予報(福岡県)は安全宣言が出ております。

北京オリンピック開催まで、あと298日(2008年/平成20年8月8日開会)

b0085008_9292522.jpg昨日、恒例の2007年度黄城会(母校/小城高校)福岡支部総会&懇親会が国際ホール(西日本新聞会館16F)で
13:30~より開催された。
同窓会の話題も佐賀北高の優勝により、「がばい旋風」の話で盛り上がった。
当日の「小城高だより」第2~4号を母校の好意により、いただいた。
ちなみに、関東支部総会も同日開催された。
毎年、当番幹事は母校を卒業して25年目、即ち、仕事面で言えば一番油の乗り切っている中間管理職の年代である43歳のメンバーが担当。
我々も26年前に当番幹事を経験している。
正直のところ、転勤や仕事に忙しく、当番幹事になる前はほとんど同窓会に出る余裕はない。
しかし、伝統として当番幹事を担当することにより、同期生が一同に会し、1年間かけて準備するなかで仲間意識と母校愛が芽生えるメリットもある。

式次第及び母校/校歌
[PR]
by taminamikawa | 2007-10-14 09:18 | 黄城会 | TOP
母校卒50回(半世紀)記念同窓会実行委員会開催
今日の
誕生花は ポンポンダリア、花言葉は“行動力”、
誕生石は オパール、宝石言葉は“幸福を得る”
今日は
トークの日、初伏[庚(かのえ)]の日、小倉祇園祭

暑中お見舞い申し上げます。蝉の鳴き声が聞かれる季節になりました。まもなく梅雨明け宣言です。


b0085008_6222244.jpg【写真は校門入ってすぐ右に聳え立つ母校のシンボルである樹齢600年の楠(クスノキ)/佐賀県の名木・古木指定】
北京オリンピックが開催される来年/2008年(平成20年)には1958年(昭和33年)、母校を卒業して、早や半世紀(50年)を迎えるが、数えの70歳/古稀のお祝いを兼ね、50回記念同窓会を行う。
その準備会を昨年から開催しているが、最終案がまとまったので、実行委員会としては最終回となる第7回実行委員会を下記の要領で開催した。
・日時;平成19年7月18日(水)14:00~16:00
・場所;黄城教育会館
・議題
①大会スケジュールの最終確認(今月中に案内状を送付)
・5/3(土);本部総会登壇・祝福→饅頭会→多久聖廟・西渓公園見学→記念同窓会(唐津シーサイドホテル
・5/4(日)Aコース(基本コース/1泊2日);呼子朝市→名護屋城博物館・城跡見学
       Bコース(オプションコース/2泊3日の第1日目);島原城→雲仙岳災害記念館→仁田峠他
・5/5(月)Bコース(オプションコース/2泊3日の第2日目);出島資料館→長崎中華街→グラバー園他
②前夜祭・ゴルフコンペ中止
③遠隔者は宿泊の斡旋を行う
④同窓生以外の同伴者参加OK
⑤記念大会直前のキャンセルについてはホテルとの関係があり、処理する。
⑥10回卒(兼むつごろう劇団)忘年会;平成19年12月7日(金)11:00~。一楽にて。会費3000円

同窓生アラカルト
[PR]
by taminamikawa | 2007-07-19 05:33 | 黄城会 | TOP
母校、甲子園春夏連続出場ならず~3回戦で惜しくも・・
今日の
誕生花は 紅紫のストック、花言葉は“信じてついていく”、
誕生石は クリスタル(crystal)、宝石言葉は“純粋”
今日は
光化学スモッグの日、二輪・自転車安全日、米食の日、頭髪の日

選手・応援・関係者の皆さん、おつかれさまでした


b0085008_21122568.jpgAブロック第1シードの母校は秀島の3塁打、平山・中原義の2塁打を含む長打3本出たものの、タイムリーが出ず、後半8回に1点差まで追い上げたが、3対4で涙を呑んだ。
投手/井手大は140キロ超の速球で押したが、致遠館のこつこつ当てる打線にやられ、前半の失点がひびき惜しくも夢の甲子園春夏連続出場はならなっかた。
選手諸君、おつかれさまでした。
今大会の反省を踏まえ、次の目標を秋の佐賀県予選・九州大会に備えてほしい。

試合経過の詳細及び写真は小城―武雄戦
[PR]
by taminamikawa | 2007-07-18 05:59 | 黄城会 | TOP
母校、2回戦突破、準々決勝へ進出!
今日の
誕生花は 芙蓉(ふよう)、花言葉は“繊細な美しさ”、
誕生石は トパーズ(topaz)、宝石言葉は“希望”
今日は
盆迎え火、ナイスの日、優生保護法の日、生命尊重の日

2回戦突破、準々決勝へ進出、おめでとうございます

<br />
今春甲子園選抜母校選手

(今春甲子園選抜出場の小城高選手。クリックすると拡大します)
昨日/7月12日(木)9:00より小城高対武雄高のAブロック2回戦が佐賀県営球場で行われ、母校武雄高を8対1の7回コールドゲームで破り、準々決勝へ進出した。
準々決勝は7月14日(土)11:20より県営球場で致遠館(佐賀市)と対戦する。
これで甲子園への第一歩を踏み出した。


母校対武雄高の試合結果の詳細は
[PR]
by taminamikawa | 2007-07-13 06:05 | 黄城会 | TOP
母校のセンバツ甲子園出場記念グッズ~私のお宝に目録す
今日の
誕生花は 百日紅(サルスベリ)、花言葉は“雄弁”、
誕生石は エメラルド(emerald)、宝石言葉は“幸福”
今日は
波の日(サーファーデー)、 ソフトクリームの日、通天閣開業記念日


下記の写真は甲子園球場(甲子園の文字をはさんで)で投手が投げ、打者が打つシーンが描かれ、
下字幕は
第79回 
選抜高校野球大会 
佐賀県代表 
佐賀県立小城高等学校

の文字が記されている
b0085008_7135744.jpg

この記念品を見て、改めて3月25日憧れの甲子園球場/アルプススタンドで、帝京との試合に在校生・OBを含めた3,000名の大応援団のひとりとして、
一生懸命応援したあの興奮と感激に浸ったシーンが昨日の如く蘇った。
b0085008_6504826.jpg

1978年(S53年)/夏の甲子園初出場と並んで、
今年の春/選抜出場は108年の歴史に輝かしい1ページを飾ったし、
私の誇りある思い出として大事にしたい。
この記念品は小生のお宝のひとつになり、部屋に飾っている。
まもなく始まる夏の県予選を、是非とも勝ち抜いて春夏連続出場目指して
頑張ってほしい。
[PR]
by taminamikawa | 2007-07-03 06:13 | 黄城会 | TOP
ふるさとは遠きにありて思うもの~黄城会福岡幹事会
今日の
誕生花は ラベンダー、花言葉は“優美”、
誕生石は ダイヤモンド(diamond)、宝石言葉は“清浄無垢”
今日は
二輪・自転車安全日、米食の日、頭髪の日、 海外移住の日、 考古学出発の日、ハンセン病を正しく理解する週間

b0085008_751182.jpg母校は佐賀県のほぼ中央/小城市に位置し、北に天山を仰ぐ小城公園の一角にある。その象徴は東門を入ったすぐ左側に樹齢600年を超える「むくの木」と「楠の木」である。
明治32年創立、卒業生3万余名、今年107周年を迎える文武両道をモットーとする普通高校。
校訓はOGI(小城)
O~Originality(創意)
G~Great Challenge(挑戦)
I~Integrity(誠実)
b0085008_10201981.jpg校章は桜花びらの中央に高を入れたデザイン。
黄城会(OB会)は5/3に行われる本部総会と各地の9支部(関東、関西、中京、関門北九州、福岡、佐賀、県庁、多久、唐津)で毎年開催されている。
今年も福岡支部は10月13日(土)に福岡国際ホールで開催されるが、先日その幹事会が行われた。その打ち合わせの目次等は下記のMoreを参照ください。
その席でセンバツの収支報告も行われた。
今年の甲子園センバツに出場するも、惜しくも初戦突破できなかったが、黄城会(OB会)の盛り上がりと母校愛を確認できた事は大きな収穫であったし、
まもなく行われる夏の県予選で連続出場を目指して頑張ってほしい。

黄城会福岡支部幹事会の式次第
[PR]
by taminamikawa | 2007-06-18 06:28 | 黄城会 | TOP
碧き夢、大楠の如く広がれ~今、蘇る黄城の日々(黄城会)
b0085008_21513621.jpg2007年度創立108周年黄城会を風薫る快晴のもと、母校体育館に90歳台の先輩から20歳の後輩まで総勢1,600名の出席もと、午前9時半から開催された。
今年の黄城会総会スローガンは
「碧き夢、大楠の如く広がれ」~今、蘇る黄城の日々。
当番幹事は卒業25周年目(42歳)の会期担当で約1年をかけ準備して今日の総会を迎え、下記の式次第に従って、スムーズに運営された。
第1部 総会(校旗入場、校歌斉唱、当番実行委員長挨拶、黄城会会長挨拶、母校高校長挨拶、前年行事報告、前年会計報告、本年行事予定・予算審議、役員改選等
第2部 物故者への黙祷、各支部出席者紹介及び代表者挨拶、恩師紹介及び代表者挨拶、祝電披露、卒業50周年者(67歳)を祝う、黄城会運営資金贈呈、生徒会の紹介と激励、次期総会実行委員の紹介及び代表者挨拶、校旗退場、万歳三唱。
アトラクション「高橋浩寿の津軽三味線と民謡の世界」
第3部 饅頭会(懇親会)
今年の同窓会は母校のセンバツ甲子園出場で一段と盛り上がった。
[PR]
by taminamikawa | 2007-05-03 21:46 | 黄城会 | TOP